自分のルーツを知るとお墓参りも楽しくなる?

今日は8月13日。お盆ですね♪

 

そんな今日はちょっとした趣味?習慣??の事について書いてみたいと思います。

 

こんにちは。高橋雅人です!

 

 

きっかけは一冊の本

 

昨年の春一冊の本と出逢います。

本のタイトルは「夢をかなえるゾウ」

超有名な本ですね!

読んだことない方は騙されたと思って読んでみてください。至って普通の主人公が視点を変えることで少しずつ成長していく様を、ギャグ漫画さながらの勢いでストーリー展開していく読みやすく、見方によっては物凄い気付きの多い一冊。

 

で、その本の中に「お参りをする」という項目があったんです。「神社やお墓にお参りに行って、感謝するんだ」といったような内容が書いてあったような気がします。

正確に知りたい方は、読んでみてくださいね♪

 

で、その当時、僕は創業者であるひいじいちゃんの事をメチャメチャ調べてたんですよ!

そんな事もあって「お墓参りをする」というのが凄くしっくり来たんです。

「あなたのおかげで今こうして僕たちはここにいます」

そんな風に自然と思えた。

 

その後、記憶が正しければ、昨年6月頃から「お墓参り」習慣がスタートします。

 

 

最初は「ありがとう」を伝えるだけ

 

お墓参りに行くようになって、最初は本に書いてあったとおり「ありがとう」と言って帰っていただけだった。

 

それがだんだん、お話をするようになってきたんですよね!

その頃からちょっとハマりだしたんです。いや、お墓参りにハマるとか、ちょっとヤバそうですが、でもそんな感じです。

何を話しているかというと、

 

「今日はこれから片道5時間鯖江の旅です。日帰りはキツイけど、帰ってきたらまた報告にきますね〜。行ってきまーす!」

 

みたいな、他愛のないことばかり。

ただ、この時も『長時間の運転は大変だし、気を付けてゆっくり行こ〜』って改めて考える機会になるんですよね。

自分の思っていることを心の中だけでも言ってみると、自分が本当は何を考えているのかが浮き彫りになるというか・・・

 

だから僕の中でのご先祖様は「名カウンセラー」なんです!

 

 

行かないとダメとかは考えない

 

行きだすとやっぱり継続したくなるんですよね。

 

その度が過ぎると強迫観念みたいな感じで、「行かなきゃ、行かなきゃ」ってなっちゃうし、正直一時期なりました。

でも、それは違うな、と。

もともと勝手に行きたくて行ってたわけだから、行きたいときに行けばいい。

出張の時にフラッとスターバックスに寄るかのように、それくらい軽い気持ちで時間のある時にお邪魔してます♪

 

やりたいことに追われたくはないですからね♪

 

 

盒曲宍畔語

 

そんなお墓に入っている曾祖父ちゃん(創業者)のことを伝える伝記を作るのがちょっと夢だったりして、この前の出張中、新幹線の中で考えていました。

 

 

もともと自分、家族、親族のためにルーツを知るために作ってみようと思ったものなので、クオリティは低いと思います!笑

まだまだ、途中。全然できていませんが、ちょこっとだけそんな物語を紹介して今日は終わりたいと思います。

100%の真実は分からないため、少し妄想も入れつつの事実をもとにしたフィクションになっています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 1

 

まだ蝉の鳴き声が響き渡る暑い日、1人の少年がキビキビと線路沿いを歩いていた。その手には籠いっぱいの卵を持っている。

 

少年の名前は盒曲宍函

 

紺屋という蚊帳の修理を仕事にする房吉の三男坊だ。

彼には大きな夢があった。

それは「東京に行くこと」

12歳の少年にとって東京に行くことは大きな憧れだったのだ。

 

卵は高く売れる、高く売れればその分早くその夢を叶えることができる。そう考えた兵吉は汽車が通る線路を歩いて渡り、町まで出稼ぎに来るのが日課だった。

 

同じ路を通り、今日も日が暮れた頃には家に着いた。

 

「ただいまー!今日も全部売れたよ!」

 

その声はいつもにも増して力がこもっている。

そう、今日の売上げでとうとう東京へ行くための資金が集まったのだ。

「夢の切符が買える」そう思った兵吉はその夜、房吉に話をした。

 

「父ちゃん、東京に行くお金が集まったんだけど…」

 

「兵吉、よく頑張ったな。すぐに行って来なさい、と言いたいところだが、お前はまだ学生だ。もうすぐ中等部も卒業できる、それまでは学業をしっかりしなさい。東京に行ってからも必ず役に立つはずだ。」

 

・・・

・・・

・・・

 

「父ちゃん、母ちゃん、行ってきます。」

 

「兄さんによろしくな」

 

汽車に乗り込むとすぐに汽笛の音が鳴る。

 

ボーーー…

 

少年は14歳にして一つ目の夢を叶えた。 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

はじめましての方はコチラの記事もどうぞ〜

高橋雅人ってどんな人?

 

 

LINE@ではメガネの相談も受付けさせていただきます。

どんな些細な事でも気になることは気軽にご相談ください。

分かる事なら僕がしっかりとお返事させていただきます!

 

 

https://www.megane3858.com/

 


人気ブログランキング

 

 

ミヤコヤオフィシャルSNS

FB-f-Logo__blue_58.png Instagram58.png

 

高橋雅人個人用SNS

FB-f-Logo__blue_58.png Twutter58.png Instagram58.png

フォローはお気軽に!

Facebookに関しては実際にお逢いしたことのある方、他のSNSでコミュニケーション取らせていただいてる方のみ友達申請をお受けさせていただきます。

 

【メガネの勘違い】メガネをキツくする≠ズレ落ちにくくなる

メガネ屋にいるとよくする仕事が「メガネの調整」

 

今日はそんな調整の勘違いを少しお話ししたいと思います。

 

こんにちは。高橋雅人です!

 

 

ネジを締めてもらえませんか?

 

「ネジが緩んでいるので、締めてください」という方もたくさんいらっしゃいます。

が、意外と多いのがネジを締めれば広がりも直ると思っている方。

ガタガタした感じが取れる分、多少はキツくなるかもしれませんが、基本的には智と呼ばれる場所やテンプル(耳に掛けるつるの部分)の広がりを直さないとダメなんです。

 

 

落ちるのが嫌だからとにかくキツくして!

 

これ、実はNGなんです。

いや、広がってしまったフレームは幅を狭めなければいけないのですが、正確には狭めすぎることがNGなんです。

 

僕も最初はキツくすれば落ちなくなるんでしょ?って思ってました。

でもですね、よく考えれば理由は凄くシンプルなんです。

簡単な画像で申し訳ありませんが、真っ直ぐにキツくも緩くもない〇(まる)の状態がこんな感じだとします。

 

 

で、これでは物足りずにもっとキツくしてください!と、おっしゃる方がいるんです。

ではキツくしてみましょう!!

 

 

何かがおかしくないですか?

そうなんです。内側に入れる事で湾曲してしまうんです。

一見、幅も狭くなり、掛けている感は増すので、これでバッチリ!!

と、思いがちなのですが、ところがどっこい、内側に入りすぎることで逆にメガネがズレ落ちやすくなるんです。

 

ズレ落ちにくいように調整に来ていただいてるのに、それじゃ本末転倒ですよね!

だから、キツくすればするほど良いんだ、とは思わないでいただきたいんです。

 

しかもコレ、かなりの負荷なんですよね・・・

 

赤くなっているところにその負荷が掛かっていることは容易に想像できます。

まずは、フレームの智の部分。

必要以上に狭めることで、常にストレスを抱えている状態になっているかと思います。

ストレスを与え続けるとどうなるか・・・分かりますよね!

人もメガネも一緒です。折れてしまう・・・

 

そして、こちらの方がもっと問題!!

こめかみに負荷が掛かりっぱなしになるんです。

一日中「アイアンクロー」をされてたら頭がおかしくなりますよね?

そこまで強い力ではないというのが唯一の救いだと思いますが、極端な話、自分で自分を痛めつけているようなものだと思います。

 

 

メガネの調整は幅を狭めるだけじゃない

 

さすがに全てをここで話すことは不可能です。

 

ただ、メガネの調整は幅を狭めることだけではなく、鼻パットの調整や耳の曲がり具合、抱え込み具合やいろんな角度を見て、複合的に行わなければならないもの。

 

さらに場合によってはプラスチックフレームなどは鼻パットの盛り直しなどの1〜2日預からせていただき、調整を行うものまであります。

 

僕に出来ることはさせていただきます。

ただし、何でもできるからどうぞ〜、とは言いません。

だって、たぶんできないこともたくさんあるし、僕より調整の上手な方もたくさんいるでしょうからね!

ただ、どこにいるかは分かりませんよ。

 

迷った時に寄れる場所。

そんな立ち位置になれたら、困っている方をサポートできたら、いいなぁと思ったりします。

 

今日はこんな感じで、調整の勘違いをお話しさせていただきました。

 

 

はじめましての方はコチラの記事もどうぞ〜

高橋雅人ってどんな人?

 

 

LINE@ではメガネの相談も受付けさせていただきます。

どんな些細な事でも気になることは気軽にご相談ください。

分かる事なら僕がしっかりとお返事させていただきます!

 

 

https://www.megane3858.com/

 


人気ブログランキング

 

 

ミヤコヤオフィシャルSNS

FB-f-Logo__blue_58.png Instagram58.png 

 

高橋雅人個人用SNS

FB-f-Logo__blue_58.png Twutter58.png Instagram58.png

フォローはお気軽に!

Facebookに関しては実際にお逢いしたことのある方、他のSNSでコミュニケーション取らせていただいてる方のみ友達申請をお受けさせていただきます。

 

JUGEMテーマ:メガネ

 

燃え尽きた2日間。初めてのメガネイベントを終えて

この2ヶ月特に走り抜けたイベント「メガネごったく」を無事終える事ができました。

 

全力でやりすぎた結果、2日間程抜け殻状態が続くという始末…ダメですね〜、今後はペース配分に気をつけたいと思います^^;

 

こんにちは。高橋雅人です!

 

 

ご来場ありがとうございました!

 

まずは、10日間のうちにご来場いただきました皆様、大変ありがとうございました!!

特に各種イベントを目的としてご来店頂きました36名の皆様には心より御礼申し上げます!

本当にありがとうございました♪

 

何が嬉しいって、そのほとんどの方の顔と名前が分かったこと。36人というのも、実は昨日の夜にお一人ずつ思い出して数えた人数だったりします。

 

ただですね、正直に言います。

 

僕は人の名前を覚えるのが凄く苦手なんです。残念ですが、商人としては致命的ですよ…コレ^^;

何度も会ってようやく覚えられる。

だからこそ、逆に今回のイベントは普段から接している方の来場がすごく多かった、という事になりますね!

 

普段から仲良くしてもらってる方の来場が多かったから僕は凄く楽しかったんだと思ます♪これは本当有難いことだと心底思いますね!

 

 

学びでしかない貴重な経験

 

供養祭の報告ブログでも少し触れましたが、今回のイベントを行うために「初めて」が凄く多かった。

「企画書作り」「HP作製」「供養祭」「ワークショップ」…etc

何から何までそのほとんど全てが新しい事への挑戦でした。

 

手探りでやる事も多く、必要以上に時間がかかった部分もあると思いますが、その一つ一つが今思えば、すごい勉強になってるなと思うのです。

 

そして、クオリティーはさて置き、意外とやれば何でもできるもんだな、と。

無駄なことは一つも無くて、次回のイベントや加盟している地域団体でももしかしたら活かせるんじゃないかなぁ、と少し思ってたりもします♪

 

↑専用HPのトップ画像

 

ただですね、新しい事って、めちゃくちゃ楽しいんですけど、めちゃくちゃ怖いんですよ。それもよく分かりました。

今だから言いますが、開催が近づくに連れて楽しんでもらえるかなぁ、よく分からない気持ち悪さに襲われてましたから。

こうゆうプレッシャーには強いと思ってたけど、まだまだですね・・・笑

 

 

一番人気はモザイクデコ

 

一番人気はやっぱり「モザイクデコ」でした!

作られた作品は十人十色。見ているだけでも凄く楽しかった♪

 

 

「箸置き」作りは皆さん思ってた以上にキレイに滑らかに仕上がるんですよね!

 

いろんなヤスリを使ってデザインする方やツルツルを追求する方、子どもさんからも参加していただきましたが、ヤスリを動かすのが難しく、大根おろしの要領でヤスリを下にして生地を削っていました。

 

 

やっぱり子どもの発想って面白い!!

理に適ってるし、発想が柔軟なのは学ぶべきところが多いようにも感じます♪

 

 

そして「めが盛り」も何度もチャレンジしていただいた方やご家族や友人同士でチャレンジしたりと、参加していただいた方たちからは笑いが起こる良いイベントだったと思っています!

 

供養祭は先日お話しした通りなのですが、なんと、地方紙に取り上げていただきました!

 

しかも結構な大きさなんじゃないというサイズで!!

本当に有難いお話しです♪

 

 

↑妻有新聞様(画像左)・新潟日報様(画像右)

 

 

今回最大の学び

 

今回のイベント、僕の中では「コラボ」を大きなテーマに掲げていました。

というのも、自分一人、会社一社だけでできることって、本当に限られていると思うんです。

でも、もし一緒に何かを成し遂げようと協力していただける方がいたら、新しい世界を見ることが出来るんじゃないか?

そんなことも考えながら、いろんな方からご協力いただきました。

 

巻き込んでしまった皆さま、大変ありがとうございました!!

 

当日来てもらった同級生でもある「来迎寺の小林副住職」や「BJクラシックの佐佐木さん」、「メガネcafeの山田×メガネ。さん」他にもモザイクデコのパーツを用意していただいたメーカーさんや供養祭用のお花を提供していただいたメーカーさん、その他にも相談に乗ってもらった方たちがたくさん。

 

で、やっぱりある特定の事だけでも同じ方向を向いている人と一緒になってやる方がはるかにできることが多い。

当たり前の事だけど、今回身を持って知ることが出来たのは本当に大きな収穫だったと思っています。

 

僕個人の意見ですが、もしかしたら、日頃から地域間でコラボをすることって地方のお店ができる最高の地域活性なんじゃないかとも思うくらい。それくらいワクワクすることだと僕は感じました。

 

これから、いろんな地域の方たちに声を掛けさせてもらう事が多くなるかもしれません。

その時は、もし同じ方向を向いているな、と思った時だけでも一緒に何かを作っていただけると嬉しいです♪

 

 

最後に

 

今回のイベント、1回目から大成功になるなんて全く思っていませんでしたが、成功だったとは思っています♪

というのも、参加された数名の方から

 

「また、やって欲しい!」

 

という言葉をいただけたんです。

これ以上の褒め言葉は無いですよ!

 

この言葉を活力に第2回が開催できるように計画を立てたい、そんな風に思っています♪

 

LINE@ではメガネの相談も受付けさせていただきます。

どんな些細な事でも気になることは気軽にご相談ください。

分かる事なら僕がしっかりとお返事させていただきます!

 

 

https://www.megane3858.com/

 


人気ブログランキング

 

 

ミヤコヤオフィシャルSNS

FB-f-Logo__blue_58.png Instagram58.png 

 

高橋雅人個人用SNS

FB-f-Logo__blue_58.png Twutter58.png Instagram58.png

フォローはお気軽に!

Facebookに関しては実際にお逢いしたことのある方、他のSNSでコミュニケーション取らせていただいてる方のみ友達申請をお受けさせていただきます。

 

JUGEMテーマ:メガネ